Web+
Python
 基礎から学ぶ!Python/ファイルの入出力

Python
基礎から学ぶ!Python
開始と終了
コメント
エスケープシーケンス
変数
演算子
配列
関数
構文
パターン・マッチング
モジュール
ファイルの入出力
ヒアドキュメント
Programming
サイトマップ
リンク
Home
Python

■■ ファイルの入出力 ■■
以下の手順でファイルにアクセスし、ファイルの入出力を実行します。
  1. ファイルのオープン
    open(filename, mode)


  2. 入出力関数(メソッド)を使ってファイルの読み書き
    read()・readlines()・readline()・write(s)


  3. ファイルのクローズ
    close()


ファイル入出力に使用するメソッド。
動作
内容
open(filename, mode)
 r  読み込み専用
 w  書き込み専用
 a  ファイルの末尾に追加
 r+ 更新(読み取りと書き込み)
 w+ ファイルを空にして、そのファイルを読み書き用に開く
 a+ ファイルを読み書き用に開いて、ファイルの末尾に追加
 b  ファイルをバイナリモードで開く (他のオプションと一緒に使用)
read()
ファイルのデータをすべて読み込む(返り値は、文字列)
read(n)
ファイルのデータをnバイト分読み込む
readlines()
ファイルのすべての行を読み込んで、リストにして返す
readline()
ファイルの 1 行分を読み込んで文字列で返す
write(s)
文字列またはリスト s をファイルに書き込む
close()
ファイルを閉じる


ifile = open('my_file.txt', 'r') #my_file.txtを読み込み専用でオープン
for line in ifile.readlines(): #ifileから1行づつ読み込んでlineに代入。for文を実行し表示
print line
ifile.close() #ifileをクローズ



このページはリンクフリーです(リンク許諾不要ですが無断転載禁止)。
Copyright (C) 2013 SASAKI. All Rights Reserved.